会社概要
Company

企業理念・社長挨拶

  • 美味しさとハートをお届けすることに
    プライドを持って。
    関西No.1から発信する、
    世界No.1お客様満足。

    弊社は、昭和37年の創業より給食事業をはじめ、関西を代表する企業様や数多くのお得意先に恵まれて事業を拡大してまいりました。創業時から今も変わらない社訓に「納得のいく商品とサービスでお客様に満足していただきます」という言葉があります。
    自分がお客様目線で食べたいと思うもの、サービスされたいと思うものしか提供してはならない。納得するまで工夫や努力を重ねてこそ初めてお客様が満足され「ごちそうさん!」や「ありがとう!」を言って頂ける。「この気持ちがなくなったらやめたほうがええ。」創業社長時代からずっと引き継がれてきたこの思いを従業員一同、これからもあらゆるシーンで大切にして歩んでいきたいと思います。

    現在弊社は、企業給食・学校給食・福祉・配食サービス、など
    90営業所の「給食」と、和食・洋食・イタリアン・ベトナム料理・バイキングなど
    24業態約40店舗の「外食」を運営させていただいています。その他、成長著しいパーティー・弁当・おせちなどのケータリングサービス部門があります。
    その中で弊社の武器は、なにより「給食と外食のコラボ」です。
    「給食の安心・安全・健康」と「外食の品質・技術・センス」。
    互いのいいところをコラボさせて、様々なお客様のニーズに応えていく。「食」という国境のない世界には様々なカタチがあり、お客様のニーズも一人一人違い、まさに無限に広がっています。

    日本の食文化は世界に誇れるレベルであり、その中でもとりわけ関西(大阪)は昔から「天下の台所」といわれるように、お客様の食に関する興味やこだわりが最も強い土地と言っても過言ではないでしょう。
    その地元関西のお客様に育てられ培った「給食&外食」のノウハウを元に、「どうすればもっとお客様に喜んでいただけるか?」をお客様目線で一生懸命考える社員をこれからも育成し、お客様との繋がりを大切にして、社会の役に立てるように提案し、成長し続けられればと思います。
    そして、今後も「人と人との繋がりを大切に」食の発信に挑戦し続けてまいります。

    代表取締役社長 苅田 芳明 CEO Yoshiaki Kanda

会社情報

企業名 中央フードサービス株式会社
代表者 代表取締役社長 苅田 芳明
資本金 4,800万円
従業員数 757名(1,700名)
住所 大阪市福島区野田2丁目14番10号
TEL 06-6462-1741(代表)
FAX 06-6462-2466
主な
事業内容
企業給食・研修センター・工場・学校等の受託給食
管理運営社員寮等の受託給食
障がい者福祉施設の受託給食
直営レストラン・喫茶
パーティー・弁当・ケータリングの運営食材の仕入れ及び
販売企画・設計・デザインのコンサルティング
グループ
会社
中央物産
etc...
事業所網 大阪・兵庫・京都・福井・東京・群馬・千葉・神奈川
アクセス

玉川駅(地下鉄千日前線)より1km 徒歩 約10分
野田駅(JR大阪環状線)より1km 徒歩 約10分

沿革

昭和37年
12月
大阪市福島区福島2-8にて中央給食株式会社設立
昭和53年
1月
大阪市福島野田2-14-10に中央給食株式会社本社移転
昭和53年
2月
株式会社進商会の資本金を全額取得
昭和60年
11月
株式会社進商会を中央食産株式会社と改称
平成 3年
6月
中央給食株式会社を中央フードサービス株式会社と改称
平成 6年
1月
中央フードサービス株式会社 ゆとりと豊かさ創造優良給食施設等表彰
「農林水産省 食品流通局長賞」 受賞
平成 6年
6月
中央フードサービス株式会社本社社屋完成
平成 9年
1月
中央フードサービス株式会社 ゆとりと豊かさ創造優良給食施設等表彰
「農林水産大臣賞」 受賞
平成14年
8月
福島育成園にてISO9001取得
平成15年
10月
中央フードサービス本社及び、中央市場管理棟内厚生食堂宝島でISO14001取得
平成18年
10月
㈲人活、㈱シーピーエスが中央食産㈱と合併、同時に社名をうおまん㈱に改称
平成19年
11月
瀋陽市和平区太原北街84号にて瀋陽康筑餐飲管理有限公司設立
平成21年
3月
うおまん㈱が㈲康築を吸収合併
平成21年
6月
宝塚配食センター・厚生食堂宝島でISO9001を、宝塚配食センターでISO14001を取得
平成27年
4月
東京支社開設
平成28年
10月
中央フードサービス(株)がうおまん(株)を吸収合併